尼崎商工会議所について
トップページ > 尼崎商工会議所について:平成28年度:尼崎商工会議所事業計画
尼崎商工会議所とは
平成28年度:尼崎商工会議所事業計画
平成27年度:尼崎商工会議所事業報告
組織図
会議所の歴史
所在地
ブランド・コミュニケーション
特定商工業者制度
平成27年度:尼崎商工会議所事業計画

(自 平成28年4月1日  至 平成29年3月31日)

第1.基本方針第2 .事業

第1.基本方針

 地域経済が活性化するには、地元企業が底力を発揮し、元気になってもらうことが必要です。小規模事業者支援法に基づく経営発達支援計画を円滑に実施し、金融機関との更なる連携強化等による金融支援事業や創業支援などを堅実に実行するなど、伴走型支援に注力するとともに、会員事業所の声を集約し、産業と地域社会の活性化に努めてまいります。

 起業を志し、経営革新に挑戦する人材を育み、新事業の展開に挑戦する方に尼崎に来れば「何かがある」「新しいことができる」と思っていただけるよう、現場に立脚した事業を展開するとともに、尼崎市制100周年を契機に、尼崎市等とも協力して次世代の産業人材を育成する事業に取り組むなど、本会議所が担うべき役割を果たしてまいります。

 独創的なアイデアや創意工夫により、自らの経営資源や地域資源を最大限に活用し、成長を図ろうとしている会員企業の取組みを手助けし、大手企業のニーズを会員企業に橋渡しするマッチング事業など、引き続き地域経済の活性化につながる独自の事業に積極的に取り組みます。

 新しい会員が増えることによって、新たな出会いによる“交流”が生まれます。“交流”と“連携”による会員事業所のビジネスチャンスを更に拡大し、活動の場を発展させてまいります。阪神間はもちろん、他地域との“交流の輪”も拡げてまいります。

 本会議所が標榜する「企業と人が活きづく美しい街」を実現するには、多くの事業所の方々に本会議所事業に参画いただかなければなりません。本年は任期満了に伴う役員・議員選任の年でもあり、本会議所では5,000会員の目標達成に向け、引き続き役職員一丸となり、情熱を傾けて会員拡大運動を展開してまいります。


Ⅰ. 会議所活動の更なる活性化と会員サービスの充実
Ⅱ. 活力と賑わいのあるまちづくりの推進
Ⅲ. 中小企業の競争力向上とビジネス機会の創出
Ⅳ. 情報発信の強化と小規模事業者等中小企業の情報化支援

第2.事業
1)会議所活動の更なる活性化と会員サービスの充実

【事業概要】
地域経済を活性化させ、本会議所のブランドメッセージである「企業と人が活きづく美しい尼崎」を実現するためには、会員企業が底力を発揮し、元気になってもらうことが必要である。
多くの会員の方々に参画して頂けるよう、時代の要請と会員企業のニーズに合致した事業活動を積極的に展開する。
1. 部会・委員会活動や巡回等を通じ、会員事業所の意見を集約し、官公庁等への意見・要望活動を行う。
2. 本会議所の組織基盤の強化を図るため、会員拡大運動並びに会員事業所巡回を引き続き展開する。
3. 本会議所は勿論、他地域商工会議所の会員事業所間との相互交流の促進を図ると共に、会員事業所のニーズに沿った講座・講習会等を開催し、産業人材の育成に努める。
4. 会員事業所の福利厚生の充実に向けて、共済制度等の各種サービス事業のメニューを充実させると共に、会員事業所の広報・販促活動等を支援する。

1.議員総会等の開催
(1) 議員総会、常議員会の開催
(2) 議員懇談会の開催

2.部会活動の活性化
(1) 各部会の相互連携の推進
(2) 正副会頭と部会長との懇談会の開催
(3) 正副会頭と青年部・女性部との懇談会の開催と連携強化
(4) 正副会頭による市内商店街定期訪問と意見交換会の実施
(5) 阪神地域商工会議所間正副会頭による意見交換会の開催

3.意見・要望活動の推進
(1) 国、県、市への要望・意見の具申
(2) 各部会・委員会活動、巡回等を通じての会員意見の集約による施策提言

4.会議所組織の基盤強化
(1) 会員の拡大・維持(退会防止)の推進
(2) 会員事業所巡回の強化
(3) 会員章シールの発行
(4) 会員事業所創業周年表彰の実施
(5) 地域経済交流センター(商工会議所会館)の活用の促進

5.共済制度等の各種会員サービスの充実
(1) 生命共済・特定退職金・自動車事故費用共済等の各種共済制度の推進
(2) 会員事業所交流事業の実施
(3) 所報「あくしい」の発行
(4) 市民向け情報誌「あまがさきタイムズ」の発行
(5) 会員事業所販促ツール(HPバナ−広告)事業の実施
(6) 会員優待サービス事業の実施

2)活力と賑わいのあるまちづくりの推進

【事業概要】
1. 産業と環境が共生する活力と賑わいのある都市の創造を見据え、企業立地の促進と既存製造業の操業環境の改善による活性化等を推進する。
2. 兵庫県並びに尼崎市と連携して、東海岸町沖地区のフェニックス事業用地等への優良企業の誘致を推進する。
3. 「ECO未来都市・尼崎」宣言に基づき、他団体との連携を図りながら、市内会員事業所等が参画し、協働できる仕組みづくりを通じて、実現可能なビジネスモデルの構築を目指すとともに、国の環境モデル都市に相応しい産業と環境が共生するECOな街づくりを推進する。
4. 尼崎市の市制100周年をより有意義なものとするため、尼崎市等と協力して、市制100周年を記念した事業を円滑に推進する。
5. 尼崎市内の商業集積の魅力を高めるため、視察・研究や意見交換を行うほか、まち歩きイベント等を支援することにより、地元小売市場・商店街等の活性化に繋げる。
6. 尼崎の地域資源を魅力のある資源として活用するため、「尼崎おもてなし研究事業」の実施や「ワールド・ちゃんぽん・クラシック2016 in 尼崎」を開催し、市内外へ発信することにより、都市イメージの向上と地域商業の活性化に寄与する。
7. 「Super Sweets 2016 in Amagasaki」を引き続き開催する。女性や若者たちに訪れてもらえるよう、“スイーツ”を切り口にまちの魅力をPRし、「関西に来れば立ち寄ってみたいまち」の一つとして好感度を上げていくことで尼崎のイメージアップに寄与する。

1.産業と環境が共生する都市の創造
(1) 国・県・市、各種団体との連携強化による地域の活性化
(2) 「ECO未来都市・尼崎」宣言団体等との連携事業の推進
(3) 東海岸町沖地区(フェニックス事業用地)における企業誘致の推進
(4) 尼崎21世紀の森づくり協議会との連携事業の推進

2.まちの賑わい創出による魅力と活力の増進
(1) 尼崎市制100周年を記念した事業の実施
(2) 商業集積地等視察・研究事業
(3) メイドインアマガサキ応援事業の実施
(4) 商業支援のためのまち歩きツール作成事業の実施
(5) 地域資源活用プロジェクトの推進
(6) 尼崎おもてなし研究事業の実施
(7) 「ワールド・ちゃんぽん・クラシック2016 in 尼崎」の開催
(8) 「Super Sweets 2016 in Amagasaki」
〜尼崎市制100周年から始まる次へのステップ!〜の実施
(9) お出会いサポート事業の開催

3)中小企業の競争力向上とビジネス機会の創出

【事業概要】
1. 中小企業が活力を失うことなく、円滑に事業を展開し、健全な成長と発展ができるよう、小規模事業者支援法に基づく経営発達支援計画の円滑な実施のほか、金融機関との更なる連携強化を図り金融支援事業等の展開・強化を図る。
2. 経営指導員による伴走型支援を実施し、相談体制をより一層充実させる。また、高度かつ専門的な課題については、弁護士や税理士、中小企業診断士等の専門家と連携し、課題解決に対応する。
3. 中小製造業が高度に集積する全国7都市(尼崎市、大田区、墨田区、川口市、岡谷市、東大阪市、加賀市)の自治体並びに商工会議所で構成する「中小企業都市連絡協議会」の運営を行い、平成28年度開催の「第10回中小企業都市サミット」において、地域産業を活性化するための重要な課題について議論し、解決策を模索するとともに、国等への産業施策に反映できるよう、様々な提言を行う。
4. 創業や経営革新等の個別の経営課題に対して、専門相談の実施や関連セミナーの他、起業家育成事業などを実施し、新産業の創出と新事業展開に対する支援を行い、他の関係機関との連携を強化する。
5. 地域資源や独創的な技術・アイデアなどを活かした商品開発、新事業展開、事業拡大に取組む市内企業に対し、クラウドファンディングを活用した資金調達をベースに、広く市内外へ情報発信とPR展開に努める。
6. 次世代の産業人材育成事業や中小企業雇用支援事業、各種講座講習会の開催と検定等の実施により、女性や若年層を視野に入れた産業人材の育成と確保に努める。
7. 経済のグローバル化が加速する中、中小企業の海外展開を支援する事業の実施や関連情報の提供に努め、市内企業のビジネスチャンスの拡大に繋げる。

1.小規模事業者等中小企業の経営基盤強化と経営発達支援計画の実行
(1) 経営発達支援計画に基づいた伴走型支援の強化
(2) 法律、税務等の専門家派遣と専門相談の実施
(3) 地域金融機関との連携強化
(4) 小規模事業者経営改善資金(マル経)等各種融資制度の利用促進
(5) 「阪神地域プラットフォーム事業(中小企業支援連携事業)」における連携強化
(6) サムライネットワーク事業(サムライ研究会と検索エンジンの運営)の拡充
(7) 労働保険の事務代行
(8) 小規模企業共済及び倒産防止共済の加入促進
(9) 中小企業雇用支援事業(採用担当者育成事業)の実施

2.ものづくり産業の活性化への支援
(1) 「アマガサキ・ビジネスマッチングキャラバン事業」の実施
(2) 「改善推進リーダー育成支援事業〜ものづくり現場カイゼン〜」の実施
(3) あまがさき技術サポート融資制度の運営
(4) 「中小企業都市連絡協議会」の運営
(5) 「第10回中小企業都市サミット」の開催
(6) 「あまがさき産業フェア」の共同開催

3.交流と連携による創業と経営革新への支援
(1) 地域ビジネス創出支援事業の実施(「経営革新塾」の開催)
(2) 地域金融機関との連携強化〔再掲〕
(3) 「阪神地域プラットフォーム事業(中小企業支援連携事業)」における連携強化〔再掲〕
(4) 阪神地域商工会議所間交流連携促進事業の実施
(5) 産業集積地間連携事業の推進(「異業種イノベーション大交流会の開催」)
(6) 「アマガサキ・ビジネスマッチングキャラバン事業」の実施〔再掲〕
(7) マイクロ投資等を活用した「アマガサキ・販路拡大・成長応援事業」の実施
(8) 「改善推進リーダー育成支援事業〜ものづくり現場カイゼン〜」の実施〔再掲〕
(9) 会員事業所交流事業の実施〔再掲〕
(10) サムライネットワーク事業(サムライ研究会と検索エンジンの運営)の拡充〔再掲〕
(11) 尼崎市内産業団体等との連携強化
(12) 「起業家育成講座」の開催
(13) 起業家交流事業(「起創会」の運営)の実施
(14) 「M&A市場」における相談事業の実施
(15) (学)園田学園並びに宝塚大学等との連携事業の実施

4.人材育成の支援
(1) (学)園田学園並びに宝塚大学等との連携事業の実施〔再掲〕
(2) 新入・若手社員育成事業(新入社員研修、ルーキーズアカデミー)の実施
(3) オーダーメイド型研修事業の実施
(4) 地域ビジネス創出支援事業の実施(「創業塾」の開催)
(5) 「尼崎商人塾」の開催
(6) 各種講座講習会の開催と検定の実施
(7) 「ロボカップジュニア全国大会出場指導」支援事業の実施
(8) 「次世代の産業人材育成事業」の実施

5.中小企業の海外展開の支援
(1) 海外展開支援に関する情報提供
(2) 貿易証明(原産地証明等)の発給
(3) 姉妹・友好都市等との経済交流の促進
(4) ジェトロ等との連携の強化

4)情報発信の強化と小規模事業者等中小企業の情報化支援

【事業概要】
1. 本会議所の情報収集力と発信力の強化に向けて、会員事業所巡回の強化と報道機関との連携に努めるとともに、市民向け情報誌等の発行やホームページ、メールマガジンの発信を通じて、情報発信機能の充実に努める。
2. 市民向け情報誌等の発行、広報・営業担当者向け研修会の開催等を通じて、会員企業の地域への情報発信力の強化に努める。
3. ビジネスモールの普及・啓発や各種ITサポート事業等に注力し、中小企業のIT環境の整備拡充を支援する。

1.情報収集力と地域への情報発信力の強化
(1) 会員事業所巡回の強化〔再掲〕
(2) 市民向け情報紙「あまがさきタイムズ」の発行〔再掲〕
(3) ホームページ、メールマガジン等を活用した会議所事業情報等の発信
(4) 所報「あくしい」の発行〔再掲〕
(5) 「データで見る尼崎の経済」の発行
(6) 報道機関関係者との懇談会の開催

2.会員企業の情報化支援
(1) 「バーチャル展示会」事業の運営
(2) ITサポート事業(ホームページ作成、インターネット接続サービス)の実施
(3) 「ザ・ビジネスモール」への参画と普及・啓発
(4) GSI事業者コード(JAN企業コード)の登録受付業務の実施
(5) 電子証明書発行事業の実施
(6) パソコン教室の開催
(7) 会員事業所販促ツール(HPバナー広告)事業の実施〔再掲〕
(8) 「広報・営業担当者向け研修会事業」の実施

【参考】
1.主な関連団体等
(1)日本商工会議所
(2)関西商工会議所連合会
(3)兵庫県商工会議所連合会
(4)(公財)尼崎地域産業活性化機構
(5)尼崎経営者協会
(6)尼崎商店連盟
(7)(協)尼崎工業会
 
2.会員・特定商工業者数(平成28年2月1日現在)
会員数 4,714
特定商工業者で会員である数 2,575
特定商工業者数 3,182
 
3.事務局組織(平成28年2月1日現在)



○総務部
 総務・広報グループ、会員サービスグループ
○産業部
 地域振興グループ、経営支援グループ
28人(正職員24人、嘱託職員1人、パート職員3人)
 

このページの一番上へ