尼崎商工会議所について
トップページ > 尼崎商工会議所について:平成28年度:尼崎商工会議所事業報告
尼崎商工会議所とは
平成28年度:尼崎商工会議所事業計画
平成28年度:尼崎商工会議所事業報告
組織図
会議所の歴史
所在地
ブランド・コミュニケーション
特定商工業者制度
平成27年度:尼崎商工会議所事業報告

総括的概要

 平成28年度のわが国経済は、政府の大胆な金融政策、機動的な財政政策、民間投資を喚起する成長戦略を柱とする経済財政政策の推進により、長く続いたデフレからの脱却を目指し 経済の再生を最優先課題と位置付け、アベノミクス「三本の矢」を推進してきた。しかし、経済の先行きについては、海外経済の不確実性や、金融資本市場の変動の影響等に留意する必要がある。
 このような状況下において、本会議所では「中長期ビジョン2 ndステージ(2015年〜2017年)」の2年目として「産業都市・尼崎の質と価値の向上を図る」をテーマに「会議所活動の更なる活性化と会員サービスの充実」「活力と賑わいのあるまちづくりの推進」をはじめ、尼崎経済が直面する諸課題に取り組み、「中小企業の競争力向上とビジネス機会の創出」「情報発信の強化と小規模事業者等中小企業の情報化支援を柱として各種事業を展開した。

(1) 会議所活動の更なる活性化と会員サービスの充実 @ 本所の組織力の強化に向け、職員の地区担当制による巡回等を通じ、職員が会員事業所とのコミュニケーションを図る中で、会員の拡大並びに退会防止に取り組んだ。 また、議員企業や異業種団体の皆様にも新規会員候補企業のご紹介や情報提供をお願いし、組織体となって取り組んだ結果、3月末日時点で、新規入会が279事業所、退会が271事業所となり、会員数については長期間減少傾向にあったが平成28年度は、入会数が退会数を上回った。
A 会員事業所間の相互交流とネットワークの拡大、ビジネスチャンスの場として交流会を中心とした「会員交流大会」を開催し、併せて最近の地域経済情勢等に関する講演会でタイムリーな話題を提供することにより情報交換や人脈拡大に繋げていただいた。
B 中小企業施策等についての意見活動として、日本商工会議所を通じて事業承継税制等について平成29年度税制への要望を政府及び関係機関に行うとともに、 兵庫県商工会議所連合会を通じて小規模事業対策予算の十分かつ安定的な確保等について平成29年度兵庫県政への要望を行った。

(2) 活力と賑わいのあるまちづくりの推進 @ 尼崎市は、平成28年、市制100固年を迎えました。本所では、市制100周年を盛り上げ、次の100年に繋がるように、市制100周年を記念した事業の取り組みを行った。8月には、中小製造業が高度に集積する全国7都市(尼崎市、東京都大田区・墨田区、川口市、岡谷市、東大阪市、加賀市)の自治体並びに商工会議所の首脳が尼崎に集い、重要課題について議論する中小企業都市サミットの開催、 10月には、「あまがさきはスイーツの街」をテーマに Super Sweets 2016 in Amagasakiを開催し、尼崎の新しい魅力を市内外に発信した。 また、1 1月にはワールドちゃんぽんクラッシックを尼崎で開催し、北海道、本州、四国、九州、韓国など全国の様々な種類のご当地ちゃんぽんを尼崎に集結させ、日本各地のちゃんぽんとマチを自慢するなかで、尼崎の魅力を市内外に発信した。さらに、社会問題となっ ている晩婚化、少子化の解消に向け、独身男女の出会いの場の提供を目的に、お出会いサポート事業を開催した。
A 商工会議所の会員事業所の健康づくり推進を支援するために、健康経営に対する意識の醸成や効果的な健康経営の取り組みを促進し、さらに、健康に関するビジネス機会の創出を目指して委員会を立ち上げ、 研究や情報発信を行った。

(3) 中小企業の競争力向上とビジネス機会の創出 @ 業界での高いシェアや独創的な優れた技術と製品を誇る中堅・中小企業が数多く集積する尼崎 ・東大阪・大津の3商工会議所の会員事業所間の交流や個々の企業の販路拡大を目的に、「異業種イノベー ション大交流会」を開催し、各地域の中小製造業の活性化に取り組んだ。
A 企業連携を通じて個々の企業の販路拡大につなげることを目的に、平成22年から実施している阪神間商工会議所(尼崎・西宮・伊丹・宝塚)ビジネス大交流会2017を開催し、企業間の交流の機会を提供することで、企業間の取引拡大を支援した。
B 平成27年12月、経済産業省より認定された経営発達支援計画を着実に実行すべく、小規模事業者 の事業の持続的発展を支援し、小規模事業者による事業計画の作成及びその実施を伴走しながら支援に取り組み、地域活性化にも繋がる小規模事業者の展示会の出展、経営の発達に資する相談、需要動向アンケート調査等の伴走型小規模事業者支援推進事業を実施した。
C 少子高齢化による若年労働者や技術・技能熟練者の減少は全国的な問題になり、地域経済を支える事業所にとっても、次世代の産業の担い手を確保することは、これからの経営上の大きな課題の一つになっていることから、次世代の産業人材育成基金を設置した。また、尼崎市・教育委員会・市内事業所等と連携し、次世代を担う市内小学生等に対し地域内の産業の魅力を知る機会として、8月には、しごと体感ゼミナールを実施し、将来の職業観や働くことへの関心を持ち、「次世代の産業人材」として活躍できるよう育成に取り組んだ。

(4) 情報発信の強化と小規模事業者等中小企業の情報化支援 本所の情報収集力と発信力の強化に向けて、会員事業所巡回の強化と報道機関との連携に努めるとともに、所報「あくしい」の発行や市民向け情報誌等の発行、さらに、ホームページ、メールマガジンの発信を通じて、情報発信機能の充実に努めた。 以 上

平成28年度尼崎商工会議所事業報告

(自 平成28年4月1日  至 平成29年3月31日)

T 事業活動

1.議員総会・懇談会等の開催

(1)議員総会の開催

@通常総会

第1回 と き 6月21日(火)
ところ 都ホテルニューアルカイック 鳳凰の間   出席者123人
(議案) ア.平成27年度事業報告並びに収支決算の承認について
イ.平成27年度収支剰余金処分案の承認について
ウ.平成28年度一般会計補正予算(案)について
エ.常議員の選任について
オ.次世代の産業人材育成基金の管理規程(案)について
第2回 と き 10月31日(火)
ところ 都ホテルニューアルカイック 鳳凰の間   出席者138人
(議案) ア.役員(正副会頭、 専務理事、 常議員、 監事)選任について
イ.地域開発委員会の解散について
ウ.健康づくり推進委員会の設置(案)について
エ.平成28年度一般会計並びに特別会計補正予算(案)について
オ.特定退職金共済制度規約の改定(案)について
カ.顧問 ・ 参与の委嘱について
キ.理事の選任について
ク.部会正副部会長の承認について
ケ.総務、 国際交流、 健康づくり推進各委員会の正副委員長及び委員の選任について
第3回 と き 3月24日(火)
ところ 尼崎商工会議所 7階 701議室 出席者138人
(議案) ア.平成28年度一般会計並びに特別会計補正予算(案)について
イ.平成29年度事業計画(案)並びに収支予算(案)について
ウ.常議員の選任について

(2)議員懇談会

第1回 と き 5月24日(火)
ところ 尼崎商工会議所7階 701会議室  出席者68人
(講演) 演 題 「安倍政権、 次の一手は 〜16年政局の行方」
講 師 日本経済新聞社 東京本社 論説委員兼編集委員 坂本 英二 氏
第2回 と き 10月6日(木)
ところ 尼崎商工会議所7階 701会議室  出席者65人
(講演) 演 題 「さぁ、健康経営を始めよう!
〜健康経営アドバイザー制度と健康企業宣言運動について〜」
講 師 東京商工会議所 サービス・交流部担当部長 藤田 善三 氏
     株式会社神戸製鋼所 人事労政部主任部員 串田 和紀 氏
第3回 と き 2月17日(金)
ところ 尼崎商工会議所7階 701会議室  出席者54人
(講演) 演 題 「もと国税調査官が語る調査官目線で業績UP」
講 師 一般社団法人日本マインドヘルス協会 代表理事 飯田 真弓 氏

(3)常議員会

第1回 と き 5月24日(火)
ところ 尼崎商工会議所7階 702会議室  出席者31人
(議案) ア.平成27年度事業報告並びに収支決算(案)の承認について
イ.平成27年度剰余金処分(案)について
ウ.常議員の選任について
エ.総務委員会委員の委嘱について
オ.新入会員の承認について
第2回 と き 8月2日(火)
ところ 尼崎商工会議所7階 702会議室  出席者35人
(議案) ア.3号議員の選任について
イ.2号議員の部会別議員数について
ウ.新入会員の承認について
エ.参与の委嘱について
第3回 と き 10月6日(木)
ところ 尼崎商工会議所7階 702会議室  出席者30人
(議案) ア.平成28年度一般会計並びに特別会計補正予算(案)について
イ.健康づくり推進委員会の設置(案)について
ウ.特定退職金共済制度規約の改定(案)について
エ.新入会員の承認について
第4回 と き 10月31日(火)
ところ 都ホテルニューアルカイック 鳳凰の間 出席者34人
(議案) ア.役員(正副会頭、専務理事、常議員、監事)選任について
イ.地域開発委員会の解散について
ウ.健康づくり推進委員会の設置(案)について
エ.平成28年度一般会計並びに特別会計補正予算(案)について
オ.特定退職金共済制度規約の改定(案)について
カ.顧問・参与の委嘱について
キ.理事の選任について
ク.部会正副部会長の承認について
ケ.総務、国際交流、健康づくり推進各委員会の正副委員長及び委員の選任について
第5回 と き 2月17日(金)
ところ 尼崎商工会議所7階 702会議室  出席者27人
(議案) ア.平成28年度一般会計並びに特別会計補正予算(案)について
イ.平成29年度事業計画(案)並びに収支予算(案)について
ウ.常議員の選任について

(4)監事会

ア.定期監査

と き 5月17日(火)
ところ 尼崎商工会議所5階 502会議室
出席者 今井 正也 氏、西浦 文彦 氏、片谷 勉 氏

イ.中間監査

と き 11月30日(水)
ところ 尼崎商工会議所5階 502会議室
出席者 今井 正也 氏、西浦 文彦 氏、片谷 勉 氏

(5)総務委員会

会議所運営に係る基本事項である収支予算、決算、事業、財務、組織等について審議頂いた。

第1回 と き 5月18日(水)
ところ 尼崎商工会議所5階 502会議室  出席者9人
(議案) ア.平成27年度事業報告(案)について
イ.平成27年度収支決算(案)について
ウ.剰余金処分(案)について
エ.周年企業表彰の被表彰事業所について(上半期)
第2回 と き 9月28日(水)
ところ 尼崎商工会議所5階 502会議室  出席者8人
(議案) ア.平成28年度一般会計並びに特別会計補正予算(案)について
イ.(仮称)尼崎商工会議所健康づくり推進委員会の設置について
ウ.特定退職金共済制度規約の改定(案)について
エ.周年企業表彰の被表彰事業所(下半期)について
第3回 と き 1月26日(木)
ところ 尼崎商工会議所5階 502会議室  出席者11人
(議案) ア.平成28年度 般会計補正予算(案)について
イ.平成29年度事業計画並びに予算(案)について

(6)健康づくリ推進委員会

健康経営を主とした健康づくり推進を目的に、 事業所等における健康づくり推進のために研究や情報発信等を行なった。

ア.会議等

第1回 と き 2月8日(水)
ところ 尼崎商工会議所7階 702会議室  出席者25人
議 題 ア.平成29年度事業計画(案)について
「健康経営促進事業」の実施
イ.各機関からの事業紹介
ウ.「ウォーキングの基礎講座」

イ.講演会
健康経営セミナー

と き 3月8日(水)
ところ 尼崎商工会議所7階 702会議室  出席者35人
議 題 ア.「経営戦略としての健康経営」
   講師 NPO法人 健康経営研究会 理事長 岡田邦夫氏
イ.「健康づくりチャレンジ企業」について
   講師 兵庫県健康福祉部健康局健康増進課 健康政策班長 山中 節 氏
ウ.「わが社の健康宣言事業」について
   講師 全国健康保険協会兵庫支部 企画グループ長 八木 正行 氏

(7)正副会頭会議

原則、毎月第1水曜日に開催。
本所の運営、その他について協議。開催回数18回。

(8)正副会頭と部会長との懇談会

第1回 と き 6月2日(木)
ところ 尼崎商工会議所5階 502会議室  出席者14人
議 題 「平成28年度尼崎市の産業振興・雇用就労施策」
講 師 尼崎市 経済環境局 局長 若竹 保 氏
第2回 と き 11月15日(火)
ところ 尼崎商工会議所5階 502会議室  出席者16人
議 題 「働き方改革にかかる取組(概要)」と「改正育児・介護休業法及び改正男女機会均等法 」について
講 師 兵庫労働局 雇用環境・均等部長 松浦 貴子 氏
第3回 と き 2月3日(金)
ところ 尼崎商工会議所5階 502会議室  出席者14人
議 題@ 「企業における暴力団対策 」について
講 師@ 兵庫県尼崎北警察署 刑事生活安全官 藤原 資弘 氏
議 題A 「尼崎城の再建について」
講 師A 尼崎市企画財政局 ひと咲きまち咲き推進部 部長 安田 博之 氏

(9)部 会

@商業部会

ア.運営委員会

(ア)9月1日(木)「第1回部会」 尼崎商工会議所4階 401会議室 出席者19人

議 題 (1) 2号議員の選任について
(2) 尼崎商工会議所 会員拡大について
(3) その他
講演会 「(仮称)尼崎市自転車のまちづくり推進条例の制定
〜自転車を「都市課題」から「都市魅力」へ〜 」
講 師 尼崎市危機管理安全局 危機管理安全部 生活安全課 係長 川本 勝寛 氏

(イ)10月7日(金)「第2回部会」 尼崎商工会議所5階 502会議室 出席者16人

議 題 (1)商工会議所議員改選の経過報告について
(2)正副部会長の選任について
(3)常任委員及び運営委員の選任について
(4)会員拡大状況について
(5)その他
講演会 「商店街サミットのこれまでと今後の取り組みについて」
講 師 尼崎中央五丁目商店街振興組合 理事長 井原 勝 氏

イ.視察会

(ア)2月24日(火)

視察先 奈良県大和郡山市「やなぎまち商店街」 他
参加者 21人

A運輸物流部会

ア.会議

(ア)6月23日(木) 「第1回運営委員会」 尼崎商工会議所4階 402会議室 出席者12人

議 題 (1) 部会長の選任について
(2) 尼崎商工会議所議員選挙日程及び選任日程について
(3) その他
講演会 「名神湾岸線の今後の取り組みについて」
講 師 兵庫県県士整備部士木局道路企画課 計画調査班 班長 多田 孔充 氏

(イ)9月2日(金)「第1回部会」 尼崎商工会議所4階 401会議室 出席者12人

議 題 (1) 2号議員の選任について
(2) 会員拡大状況について
(3) 次回開催日
(4) その他
講演会 「防災の取り組みについて」
講 師 尼崎市危機管理安全局 危機管理安全部 災害対策課長 大石 照男 氏

(ウ)10月5日(水)「第2回部会」 尼崎商工会議所4階 401会議室 出席者12人

議 題 (1) 商工会議所議員改選の経過報告について
(2) 正副部会長の選任について
(3) 常任委員及び運営委員の選任について
(4) 会員拡大状況について
(5) その他
講演会 「事例で学ぶブラックと呼ばせない従業員問題の対処方法」
講 師 なにわ法律事務所 所長・弁護士 大西 隆司 氏

イ.視察会

(ア)3月15日(水)「第2回運営委員会(視察見学会)」
視察先:ジェイカス(株)神戸営業所、 浜福鶴吟醸工房 出席者:12人

B機械・電気工業部会

ア.会議

(ア)4月20日(木)「第1回部会」
尼崎商工会議所5階 502会議室 会議出席者10人

議 題 (1) 平成28年度部会事業について
(2) 平成28年度当所が取り組む尼崎市制100周年事業について
(3) 会員拡大について
(4) その他

尼崎商工会議所5階 501会議室 会議出席者14人

講演会 「モノづくり企業の操業環境について〜東大阪市の取り組みを学ぶ」
講 師 東大阪市経済部モノづくり支援室 室次長 巽 佳之 氏

(イ)9月5日(月)「第2回部会」
尼崎商工会議所5階 502会議室 会議出席者13人

議 題 (1) 2号議員の選任について
(2) 会員拡大について
(3) その他

尼崎商工会議所5階 501会議室 会議出席者17人

講演会 「やさしいI o Tの事例•構造と産業へのインパクト」
講 師 経済産業省近畿経済産業局 地域経済部 情報政策課長 石原 康行 氏

(ウ)10月21日(金)「第3回部会」
尼崎商工会議所5階 502会議室 会議出席者14人

議 題 (1) 商工会議所議員改選の経過報告について
(2) 正副部会長の選任について
(3) 常任委員及び運営委員の選任について
(4) 会員拡大状況について
(5) その他

尼崎商工会議所5階 501会議室 会議出席者27人

講演会 「リ ーダーの本義〜その時、 リ ーダー達はどう決断したのか〜 」
講 師 門田 隆将 氏(ノンフィクション作家)

C金属工業部会

ア.会議

(ア)8月31日(水)「第1回部会」」 尼崎商工会議所5階 502会議室 出席者14人

議 題 (1) 副部会長の選任につい
(2) 2号議員の選任について
(3) 会員拡大について
(4) その他

尼崎商工会議所7階 701会議室 会議出席者24人

講演会 「町工場発!女社長の経営改革と人財改革」
講 師 ダイヤ精機株式会社 代表取締役 諏訪 貴子 氏

(イ)10月14日(金)「第2回部会」 尼崎商工会議所5階502会議室 参加者10人

議 題 (1) 商工会議所議員改選の経過報告について
(2) 正副部会長の選任について
(3) 常任委員及び運営委員の選任について
(4) 会員拡大状況について
(5) その他

尼崎商工会議所5階 501会議室 会議出席者15人

講演会 「Bto B企業にもなぜブランディング活動が必要か」
講 師 大島Bto Bコミュニケーションズ 代表 大島 幸男 氏

D化学工業部会

ア.運営委員会

(ア)5月31日(火)「第1回部会」 尼崎商工会議所5階 502会議室 出席者12人

議 題 (1) 部会長の選任について
(2) 平成28年度部会事業について
(3) 平成28年度役員・議員 選挙及び選任日程について
(4) 本所が取り組む市制100周年記念事業について
(5) 会員拡大について
講演会 「どうなる暮らしのエネルギー 〜電気代、 自由化、 原子力〜」
講 師 NPO法人国際環境経済研究所 理事・研究員 竹内 純子 氏

(イ)8月23日(火)「第2回部会」 尼崎商工会議所5階502会議室 参加者9人

議 題 (1) 副部会長の選任につい
(2) 2号議員の選任について
(3) 尼崎商工会議所 会員拡大について
講演会 「企業を成長へと導く女性活躍推進」
講 師 株式会社栄水化学 統括部長 長村 和美 氏

(ウ)10月18日(火)「第3回部会」 尼崎商工会議所5階501会議室 参加者12人

議 題 (1) 商工会議所議員改選の経過報告について
(2) 正副部会長の選任について
(3) 常任委員及び運営委員の選任について
(4) 会員拡大状況について
(5) その他
講演会 「若手社員はなぜすぐに辞めるのか? 若手社員の定着率向上セミナー」
講 師 有限会社ライン 代表取締役 島谷 太 氏

イ.セミナー

(ア)6月12日(金)「エコアクション21認証&省エネセミナーin尼崎」 〜経営力・企業力がUP!何かとお得な省エネ対策〜
尼崎商工会議所5階 501会議室 参加者25人

(第1部)エコアクション21で経営力UP!

講 演 エコアクション21認証登録制度の概要について
講 師 EA21審査人 伊藤 美樹雄 氏
事例発表
講 師 クサカ建設(株)専務取締役 日下 雅人 氏

(第2部)エネルギーコスト見直しで企業力UP!

講 演 無料省エネ診断の概要について
講 師 一般社団法人省エネルギーセンター
エネルギー使用合理化専門員 柴田 輝幸 氏
事例発表
講 師 みつば電気(株)伊熊 敏郎 氏

E建設・不動産部会

ア. 運営委員会

(ア)4月25日(月)「第1回運営委員会」 尼崎商工会議所5階 501会議室 出席者15人

議 題 (1) 平成28年度事業計画について
(2) 平成28年度役員・議員選挙及び選任日程について
(3) 尼崎商工会議所 会員拡大について
(4) その他

(イ)8月29日(月)「第1回部会」 尼崎商工会議所6階 601会議室 出席者27人

議 題 (1) 2号議員の選任について
(2) 会員拡大状況について
(3) その他
講演会 「建設・不動産業界における労務管理のポイント」
講 師 中薗総合労務事務所 所長 中薗 博章 氏

(ウ)10月19日(水)「第2回部会」 尼崎商工会議所6階 601会議室 出席者20人

議 題 (1) 商工会議所議員改選の経過報告について
(2) 正副部会長の選任について
(3) 常任委員及び運営委員の選任について
(4) 会員拡大状況について
(5) その他
講演会 「(仮称)尼崎市自転車のまちづくり推進条例の制定
〜自転車を「都市課題」から「都市魅力」へ〜」
講 師 尼崎市 危機管理安全局 危機管理安全部 生活安全課
係長 川本 勝寛 氏

イ.視察会

(ア)2月15日(水) 「『人と防災未来センター 橋の科学館  舞子海上プロムナード』視察見学会」 出席者9人

ウ.阪神地域4商工会議所建設関連部会合同視察研修会

(ア)11月14日(水) 『新明和工業(株)』 出席者4人

F理財部会

ア.運営委員会

(ア)7月27日(水)「第1回部会会議」 尼崎商工会議所5階 502会議室 出席者17人

議 題 (1) 副部会長の選任について
(2) 平成28年度事業計画(案)について
(3) 尼崎商工会議所 役員・議員選挙及び選任日程について

(イ)8月24日(水)「第2回部会会議」 尼崎商工会議所4階 401会議室 出席者10人

議 題 (1) 2号議員の選任について
(2) 会員拡大状況について

(ウ)10月20日(木)「第3回部会会議」 尼崎商工会議所4階 401会議室

議 題

(1) 商工会議所議員改選の経過報告について
(2) 副部会長の選任について
(3) 常任委員及び運営委員の選任について
(4) 会員拡大状況について

イ.セミナー

(ア)7月27日(水)
演 題:メンタルヘルス対策実践講座(情報・文化・サービス業部会と共催)
講 師:大阪市立大学 特別研究員 山崎 哲弘 氏
尼崎商工会議所5階 501会議室 出席者22人

(イ)8月24日(水)
演 題:尼崎市の防犯への取り組みについて
講 師:尼崎南警察署 生活安全課(兵庫県警部補 宇野 貴雄 氏
尼崎商工会議所4階 401会議室 出席者10人

(ウ)10月20日(木)
演 題:尼崎市の防災体制について
講 師:尼崎市 災害対策課 課長 大石 照男 氏
尼崎商工会議所4階 401会議室 出席者10人

(エ)10月24日(月)
演 題:暴力団排除セミナー
講 師:(公財)暴力団追放兵庫県民センター事務局 業務課長  田中 信 氏
尼崎商工会議所5階 501会議室 出席者30人(尼崎警察官を励ます会と共催)

(オ)11月22日(火)
演 題:育児・介護による離職の防ぎ方セミナー
講 師:ひょうご仕事と生活センター 外部相談員 岩本 龍平 氏
尼崎商工会議所4階 402会議室 出席者6人

(カ)3月22日(水)
演 題:成29年度税制 改正の概要、 消費税の引き上げ再延期について
講 師:日本商工会議所 理事・産業政策第一部長 荒井 恒 氏
尼崎商工会議所7階 702会議室 出席者35人 阪神地域プラットフォームと共催)

ウ.視察会

(ア)3月22日(水)金融機関支店長懇談会 尼崎間門防災展示室見学と巡視艇さちかぜに乗船 出席者5人

G情報・文化・サービス業部会

ア.運営委員会

(ア)8月26日(金)「第1回部会会議」 尼崎商工会議所4階 401会議室 出席者14人

議 題 (1) 2号議員の選任について
(2) 会員拡大状況について
(3) 次回開催日について
講 演 テーマ:尼崎市の防災について
講 師 尼崎市 災害対策課 課長 大石 照男 氏

(イ)10月26日(水)「第2回部会会議」 尼崎商工会議所7階 701会議室 出席者11人

議 題 (1) 商工会議所議員改選の経過報告について
(2) 正副部会長の選任について
(3) 常任委員及び運営委員の選任について
(4) 会員拡大状況について
講 演 テーマ:情報セキュリティセミナー
講 師 株式会社神戸デジタル・ラボ 取締役
セキュリティソリューション事業部長 三木 剛 氏

(ウ)3月15日(水)「第3回部会会議」 尼崎商工会議所4階 402会議室 出席者8人

議 題 (1) 平成28年度事業報告について
(2) 平成29年度事業計画(案)について
(3) 会員拡大状況について
講 演 テーマ:プレスリリースセミナー
講 師 産経新聞大阪本社編集企画室企画部長 藤浦 淳 氏

イ.セミナー

(ア)7月27日(水)メンタルヘルス対策 実践講座
尼崎商工会議所5階 501会議室 出席者22人
(理財部会と共催)
講師:大阪市立大学 特別研究員 山崎 哲弘 氏

(イ)10月26日(水)情報セキュリティセミナー
尼崎商工会議所5階 501会議室 出席者75人
(尼崎警察官を励ます会と共催)
講師:株式会社神戸デジタル ・ ラボ 取締役
   セキュリティソリューション事業部長 三木 剛 氏

(ウ)3月15日(水)プレスリリースセミナー
尼崎商工会議所5階 702会議室 出席者40人
講師:産経新聞大阪本社編集企画室企画部長 藤浦 淳 氏

2.委員会等

(1)青年部

ア.役員会 13回

イ.総会

(ア)4月20日(水)「第22回通常総会」 都ホテルニューアルカイック3階 鳳凰の間 出席者91人

ウ.担当会議 45回

エ.阪神7市1町商工会議所・商工会連絡協議会会議 3回

オ.事業

(ア)5月19日(木)
「5月例会 〜委員会メンバー初顔合わせ例会〜」 参加者47人

(イ)5月28日(土)
「サッカーロボットプログラミング体験教室」 参加者50人

(ウ)6月18日(土)
「サッカーロボットプログラミング教室」 参加者34人

(エ)6月14日(火)
「6月例会 〜プロフェッショナル〜青年部の至宝たち〜」
参加者78人

(オ)7月31日(日)
「青年部納涼・家族例会」ルシアスガーデン〜夏休みだよ、映画deディナー!ガチャガチャで盛り上がれ!!〜」 参加者82人

(カ)8月30日(火) 「新入会員交流会」 参加者28人

(キ)9月14日(水)
「9月学生との交流例会〜「就活だ! GO ! In Amagasaki」〜 」 参加者93人

(ク)10月20日(木)
「10月WCC準備例会〜ワールドちゃんぽんクラシック2016in尼崎全体説明会〜」 参加者46人

(ケ)10月29日(土)
「サッカーロボットプログラミング教室」 参加者31人

(コ)11月10日(木)
八雲温泉貸切企画!! 「お風呂屋オープン委員会」 〜これが本当の裸の付き合い!?〜 参加者20人

(サ)11月19日(土)・20日(日)
「ワールドちゃんぽんクラシック2016in尼崎」 来場者数約10,000人

(シ)11月26日(土)
「第6回ネクストチャレンジカップ」 参加者29人

(ス)12月10日(土)  
「 “望”ゴルフコンペ & “望”年例会」 参加者65人

(セ)12月17日(土)
「サッカーロボットプログラミング教室」 参加者15人

(ソ)1月14日(土)
「ロボカップジュニアジャパン2017尼崎ノード大会」
参加者57人

(タ)1月28日(木)・29日(日)
「1月視察例会 〜九州ご当地グルメ視察ツアー 〜」 参加者27人

(チ)2月6日(土)
「ロボカップジュニアジャパン2017阪神ブロック大会」 参加者77人

(ツ)2月16日(木)
「2月例会 〜青年部と行政職員 が大 いに語り合うシリーズ9年目 稲村市長と青年部がつなぐ100年後の“あまがすき”〜青年部・行政連携ミーティング〜」 参加者76人

(テ)3月10日(金)
「3月正副会頭との懇談 例会 〜地縁をつむぎ、 知縁につなぐ〜」 参加者55人

(2)女性部

ア.正副部会長会議 2回

イ.役員会 6回

ウ.第17回通常総会・懇親会 5月12日(木)

尼崎商工会議所4階 401会議室、
       7階 702会議室  参加者27人

エ.定例会 4回

オ.お出会いサポート事業

(ア) 尼崎市市制100周年記念事業?第8回お出会いサポート事業
11月12日(土)
尼崎商工会議所7階 701会議室 参加者69人 メンバー参加者23人

(イ) 担当者会議 4回

(ウ) 全体ミー ティング・リハーサル 3回

カ.他地域女性会交流会・交流事業等

(ア)5月21日(土)
第23回兵庫県内商工会議所女性会交流会
兵庫県広域防災センター 参加者7人

(イ)6月1日(水)
第28回近畿商工会議所女性会連合会総会 「橋本大会」
橋本市民会館•橋本商工会館 参加者8人

(ウ)9月28(水)・23日(木)
第48回全国商工会議所女性会連合会
「徳島総会」
アスティとくしま 参加者7人

(エ)11月30日(水)
阪神7市1町商工会議所・商工会女性部・女性会交流会
宝塚ホテル 参加者13人

キ.各種事業

(ア)4月15日(金)
尼崎市長との懇談会 割烹「若松」 参加者26人

(イ)5月19日(木)
防災視察研修会「尼ロック 視察」 参加者12人

(ウ)7月15日(金)
田会頭との懇談会 都ホテルニューアルカイック 参加者24人

(エ)9月24日(土)
女性部クリーン作戦「ラブリバー庄下川作戦」 玉江橋周辺 参加者10人

(オ)12月19日(月)
尼崎市環境基金へ寄付

(カ)2月14日(火)
尼崎商工会議所正副会頭と女性部正副部会長との懇談会

(キ)3月14日(火)
尼崎市議会(予算特別委員会)傍聴 参加者9人

3.意見・要望活動

(1)国への要望

「平成29年度税制への要望」(平成28年9月14日要望)
日本商工会議所を通じて、政府及び関係機関に要望を行った。

(2)兵庫県への要望

「平成29年度兵庫県政への要望」(平成28年9月28日要望)
兵庫県商工会議所連合会を通じて、兵庫県に要望を行った。

4.活力と賑わいあるまちづくりの推進

(1)国・県・市、各種団体との連携強化による地域の活性化

@尼崎商店連盟、(協)尼崎工業会の活動支援

A杭瀬地区商業者勉強会「杭瀬アクションクラブ」の活動支援

B商店街サミット事業の活動支援

(2)東海岸沖地区(フェニックス事業用地)の土地利用の促進

(3)メイドインあまがさき応援事業の実施

潟eィー・エム・オー尼崎の活動支援

(4)まち歩きツール作成支援事業の実施

園田まち歩きツール作成等の活動支援

(5)Super Sweets 2016 in Amagasaki

 「スイーツの街 あまがさき」の魅力を市内外に発信した。 主催団体として、尼崎商工会議所、尼崎市、参加洋菓子店等から組織する 「SuperSweets2016 in Amagasaki実行委員会」を設置した。
 Super Sweets 2016 in Amagasakiの開催前に、7月6日(水)〜8月28日(日)までの間、市内洋菓子店21 店舗が参加し、「あまがさきスィーツスタンプラリー2016」を開催した。 スタンプ5個以上での応募者数は54人。
 尼崎市市制100周年にあたるため、テーマを「尼崎市市制100周年から始まる次へのステップ!」 と設定し、 市内外のトップパティシエが集い、下記イベントを開催。イベントの目玉として、「アンテノール」山田亨シェフを筆頭に、「ケーキハウス・ショウタニ」庄谷卓爾シェフ、「洋菓子工房エトワール」濱田智行シェフらが中心になり、 高さ約2メートルの巨大バースデーケーキが会場に運び込まれ、市内パティシエの協力で作られたアイシングクッキーで装飾され、 イベント当日から誕生日の近い来場者を檀上に招き、 誕生日祝いのセレモニーを行った。
 新聞、テレビなどの多くのメディアにも取り上げられ、開催前・後で多くの注目を集めた。尼崎の活性化及びイメージアップを目的にした本イベントには、 阪神間に留まらず、 全国のスィーツファンから多数申込があった。

1. と き 平成28年10月1日(土) 11時?〜17時
2. ところ 都ホテルニューアルカイック
3. 内 容 @親子で作るドイツ菓子教室
小学校5〜6年生を対象に、ウォルター・ピーク・ファームの大野優シェフがメイン講師となり、ドイツ菓子のキルシュトルテを製作した。
参加者数:20組 40人
A親子で作るチョコレートデコレーションケーキ教室
御影高杉の高杉良和シェフをメイン講師にフランス風イチゴのショートケーキのガトーフレーズを製作した。
参加者数:20組 40人
BSuper Sweets Show
 7人のゲストパティシエによる、「スーパースイーツ・スペシャルギフトボックス」とサブ・プレートとしてシェ・ノグチの野口シェフとエーデルワイスの山田シェフによる、「ウェルカムショコラ&サレ」がテーブルの上に置かれてお客様をお出迎えした。 「ギフトボックス」はゲストパティシエが製作した焼き菓子を1つずつ、計7個が特製の箱の中に勢揃いした豪華版を用意。
 ショコラとサレには、それぞれ尼崎の特産である 「尼の生醤油」と 「尼みつ」が使用され、尼崎の名産品とスイーツのコラボを実現させた。
 メインディッシュとして尼崎市内4店舗のパティシエが試行錯誤を繰り返してこの日のために仕上げたセカンド・ プレートを提供した。同プレートは、熊本県産の和栗を使ったこだわりのモンブラン(ケーキハウス・ ショウタニ)、ベリーとフロマージュブランのヴェリーヌ(リビエール武庫之荘本店)、クレーム ・ ブリュレ(ケーキエ房ワタナベ)、オトナのショコラケーキ(フランス菓子工房takashima)がデセール形式で盛り付けられ豪華な一皿となった。
参加者数:167人
CSuper Sweets Gift Market : 物販コーナーを設饂
D常設工芸菓子展示
4. 協賛企業 協賛企業 79社

(6)尼崎おもてなし研究事業

 訪日 一外国人向けの体験プランに関心のある、もしくは実績のある事業者に声掛けをし、兵庫県内への訪日客が一番多い台湾人の方を対象としたニッポン体験モニターイベントを平成29年2月24日に開催。台湾人モニターの意見を参考に、尼崎えびす神社と蓬莱湯が体験プランの内容や価格設定、受付方法を見直し、ニッポン体験プログラムとして受付を開始した。PRチラシも両面のうち片面を日本語版、繁体字(台湾) でそれぞれ5,000部ずつ作成し、同プログラムを市内外に広くアピールした。

(7)「ECO未来都市・尼崎」宣言団体連携事業の実施

 尼崎市市制100周年記念の協賛事業として、『産業X環境=エコミュージアムシティヘと進化する尼崎』と題し、“ラウンドテーブル"形式のシンポジウムを開催した。
 幅広いジャンルの論者 (パネリスト)が集結し、最先端なものから身近なものまでの取組事例を紹介。聴講者も 体となって、「環境モデル都市 ・ 尼崎」を エコミュージアム都市"へと進化(深化)させる契機とした。

と き 11月24日(木)
ところ 尼崎市中小企業センター 1階 大ホール
参加者 180人
内 容

1 . 基調講演(イントロダクション)
テーマ『都市をフィ ルドとする「エコミュージアムシティ構想」の概念』
テファシリテーター:(樹新産業文化創出研究所代表取締役所長 廣常 啓ー 氏

2. ディスカッション
【第1部】
テーマ:『水素エネルギー最前線!』
モデレーター:大阪市立大学複合先端研究機構 教授 南 繁行 氏
ゲスト企業:岩谷産業(株)中央研究所、大阪ガス(株)
川崎重工業(株)、新日鐵住金(株)、住友精密工業(株)
(株)豊田中央研究所、(株)ヤンマー

【第2部】
テーマ:『スマートコミュニティの実現を支える 「アクションプラン」』
モデレーター:(株)地域環境計画研究所 代表取締役 若狭 健作 氏
ゲスト企業・団体:(特非)尼崎 21世紀の森、尼崎重機(株)
尼崎鉄工団地協同組合、(株)かんでん cs フォーラム
富松城跡を活かすまちづくり委員会、三菱電機(株)
(一社)いきもの共生事業推進協議会、尼崎市

5.情報発信の強化と中小企業の情報化支援

(1)地域への情報発信の強化

  • @電子メールを活用し、各種事業及び商店街イベントなどの情報提供を行った。
  • AFMあまがさき等を活用し、セミナー、会員サービス事業等のPRを行った。

(2)会員企業の情報化支援

  • @中小企業のインターネット環境の整備を目的に、大阪商工会議所との提携によるプロバイダー事業を推進した。
  • A全国商工会議所等の公益団体が中心となり運営する「ザ・ビジネスモール」への参画を通じ、BtoB(企業間電子取引)の活用を促進し、部品や資材調達等の情報提供を行った
  • Bパソコンの技能向上と活用を目的にワード、エクセル、インターネット等のパソコン講習会を開催した。

(3)サムライネットワーク事業

@サムライ尼商検索エンジンの運営

現登録件数:78件
 尼崎商工会議所のホームページ上に、税理士、公認会計士、弁護士などの12業種の士業者の専門分野・取得資格・自己PRなどをデータベース化した「検索サービス」を開設し、運営している。

Aサムライ研究会の運営

 平成21年10月に士(サムライ)業者を対象にネットワークの構築、顧客拡大、自己研鑽、地域活性化事業の促進などを目的に、士業者の異業種交流会「サムライ研究会」を創設。現在、登録可能業種12業種、登録メンバー数は113人。月1回の定例会の開催の他、メンバーを講師に、会員向けのセミナーの開催や事業者の悩みの解消とメンバーの販路開拓を支援するため、専門家派遣事業を行っている。メンバー間での連携やビジネスマッチングなどが、活動の成果として多数生まれている。

6.中小企業支援

(1)経富発達支援計画の実施

 平成27年12月 25日、商工会及び商工会議所による小規模事業者の支援に関する法律に基づき、経営発達支援計画が経済産業省より認定された。
 同法は、平成26年6月に一部が改正され、小規模事業者の事業の持続的発展を支援するため、商工会及び商工会議所が、小規模事業者による事業計画の作成及びその着実な実施を伴走しながら支援していくもの。
 商工会及び商工会議所が作成する支援計画に基づき、地域活性化にもつながる小規模事業者の展示会の出展、経営の発達に資する相談、需要動向アンケ ト調査について取り組んだ。

@事業の内容

【専門家の派遣】(延べ78回)
巡回や窓口相談を通じ、個別の経営課題を把握し、小規模事業者の課題の解決に取り組んだ。
士業の集まりである専門家集団「サムライ研究会」に属する専門家とも連携しながら、 経営分析内容等を高度化し、 経営計画策定を行った。

【セミナー開催】(計8回)
「小規模事業者のための事業承継セミナー」

1. と き 11月14日(月)〜12月8日(木)
2. ところ 尼崎商工会議所4階 402 会議室
3. 講 師 一般社団法人関西dラボ 中小企業診断士 岡田 明穂 氏
一般社団法人関西dラボ 中小企業診断士 伏見 明浩 氏
4. 参加者 12人
5. 内 容  事業承継を検討中の小規模事業者の現経営者、承継間もない経営者、 後継者 等が参加した。全8回を通して現経営者には自社の現状と課題を把握し、今後どのような形で円滑に事業承継を行えばよいか、また、承継間もない経営者や後継者には、今後の会社つくりについての考え方や経営計画の策定方法 を、カスタマージャーニーマップやビジネスモデルキャンバスなどのツールを活用し学んだ。
 初回開催時のゲストに、 先輩後継者の成功事例として(株)特発三協製作所の片谷社長を講師に事業承継の実例を話していただいた。 また、7回目開催時には、税務や法律についての専門的な知識について公認会計士や弁護士を講師に、承継前に知っておくべき知識の習得に努めた。

【調 査】

1. 事業名称 尼崎商工会議所需要動向アンケート調査
2. 調査内容 尼崎市内小規模事業者を対象に、 経営課題やニーズを把握し、 今後の支援事業を効果的に推進するための基礎資料とするべく本調査を実施した。
3. 期間 平成28年11月〜平成29年1月
4. 調査対象 (株)東京商工リサーチの有する企業情報データベースおよび事業者情報データベースから、 以下の条件で調査対象事業者を抽出した。
(1) 対象事業者数:6,114事業者
(2) 調査対象地域:兵庫県尼崎市
(3) 他の対象条件:下記の通り
@ 尼崎市内に本社がある従業員数20人以下の企業(3 ,657社)
A 尼崎市内の本社以外の事業所(2,457事業所)
5. 調査方法 郵送調査及び電話調査
6. アンケート ト 調査回答数・回答率
(1) 対象数:6,114事業者
(2) 回答数:1,857事業社
(3) 回答率:30.4%
※ 回答数のうち、 郵送回答926件、 電話回答931 件
7. 調査項目 〇会員状況〇企業概要(資本金/従業員数/売上高/利益) 〇経営状況(経営上の問題点の有無/問題点の具体的な内容/対応策)〇人手不足について 〇小規模事業者の事業承継・承継対策について〇消費税対策について
8. 効果・活用  本会議所では小規模事業者の経営課題についての収集は、 本格的なアンケート ではなく、 職員によるヒアリング調査が主であった。 そのことから小規模事業者の経営課題を販路拡大、 事業承継・承継対策ではないかと仮定し、 各種対応事業を行ってきた。 今回の専門業者を介した調査により、 それが実証されたことで、 職員の事業所巡回時にもニーズの掘り起こしに活用できた 上に、 今後の事業展開に大いに参考になった。

【需要開拓支援】

1. 名 称 あまがさき産業フェア2016
2. と き 平成28年8月4日(木)10時〜17時 5日(金)10時〜16時
3. ところ ベイコム総合体育館
4. 出展店
起創会(創業支援) 2小間
5. 来場者数
5,000人
6. 内 容
 起創会(創業支援)は、 創業スクール等を通じ、 実際に支援し開業した4人の方に出展いただいた。 当日の来場者へ起創会(創業支援)のPRを行うとともに、 自社製品の展示 を行い、 新たな取引先の獲得に努めた。 展示会への出展 経験がない小規模事業者に展示会出展を支援し取引先拡大等のための事業PRを行った。

(2)中小企業・小規模事業者ビジネス創造等支援事業(地域プラットフォム)の推進

@専門家派遣の実施

 地域の中小企業支援団体等がネットワーク(以下プラットフォーム)を構築し、 専門家派遣等を通じて、中小企業が抱える経営課題を地域で解決する事業。 本会議所を代表機関とする「阪神地域プラットフォ ーム(尼崎• 西宮・伊丹・宝塚の各商工会議所及び金融機関等で構成)を設涸し、 専門家派遣を実施している( 本会議所専門家派遣回数105 回)

A平成29年度税制改正説明会の実施

 阪神地域プラットフォーム主催(理財部会と共催)により、 平成29年度の税制改正点等について解説すると共に、 地域プラットフォームの窓口相談及び 専門家派遣についてPRした。

1. と き 3月22日(水)
2. ところ 尼崎商工会議所7階 702会議室 参加者29人
3. 講 師 日本商工会議所 理事・産業政策第一部長 荒井 恒一 氏

(3)小規模事業者持続化補助金に係る経営計画策定支援の実施

 本補助金は、小規模事業者が、商工会議所の支援を受けて経営計画を作成し、その計画に沿って取り組む販路開拓の費用を補助する制度で、新たな顧客層を獲得していくためのチラシやホームぺージ作成等の販路開拓に係る費用の2/3 、上限額50万円まで補助される。本会議所では、補助金申請を希望する小規模事業者の経営計画策定を支援した。

@経営計画策定支援セミナーの実施

本補助金の申請を目指す小規模事業者を対象に、 経営計画策定に係るセミナーを実施した。

ア.第1回
とき 4月6 日(水)
ところ 尼崎商工会議所4階 401会議室 参加者26人
講師 株式会社総研 代表取締役・中小企業診断士 安井 春彦 氏

イ.第2回
とき 12月19日(月)
ところ 尼崎商工会議所4階 401会議室 参加者23人
講師 株式会社総研 代表取締役・中小企業診断士 安井 春彦 氏

A小規模事業者持続化補助金に係る経営計画策定支援の実施状況

ア.平成27年度補正予算小規模事業者持続化補助金
【募集期間】 受付開始:平成28年2月26 日(金)
受付締切:平成28年5月13日(金)

【申込件数等】 *相談件数・申込件数・採択数

相談 申請 採択
合計 106 94 44(47%)

イ.平成28年度補正予算小規模事業者持続化補助金
【募集期間】 受付開始:平成28年11月4 日(金)
受付締切:平成29年1月27日(金)
【申込件数 等】 *相談件数・申込件数・採択数

相談 申請 採択
合計 88 80 35(44%)

(4)「アマガサキ・ビジネスマッチングキャラバン事業」の実施

目 的

ものづくり中小企業にとって、 持続的経営をおこなっていく上で、 販路拡大による売上の確保が経営課題の一つとなっている。 そこで、 ものづくり中小企業の販路拡大を支援し、 市制 100周年をきっかけにものづくり産業の再生を図ることによって、 尼崎のまちを元気にすることを目的に、 ビジネスマッチングのための事業を新たに展開する。

内 容

@ 「キャラバン事業」
(4月〜11月)尼崎地域内の事業所25社を訪問し、 各企業の強み・課題・支援ニーズをヒアリングした。 ヒアリングを踏まえて、 大手中堅企業9社に尼崎の事業所をプレゼンしたと ころ、 面談 に進んだのは2社であった。
A 「展示・商談会出展サポート事業」
(12月)尼崎市外での展示・商談会の出展料の一部を助成する「展示・商談会サポート制度」を設け、 会員事業所の販路開拓の一助とした。 助成対象企業は6社であった。
B ものづくりのまち尼崎PR事業
2月13日〜19日にかけて「日本百貨店しょくひんかん」に本会議所が出展するにあたり、展示会用のPRツ ールとしてブースの展示装飾を作成。 また、ものづくりのまち尼崎パンフ レットを作成し、 様々な展示会で配布していく。

効 果

当所職員が専門家等とともに企業を巡回し、 企業の強みを把握し、 販路開拓や様々な業種との連携による新たな取り組み、 経営革新の認定等を支援することで、 自社のイノベーション に繋げてもらう。

(5)尼崎商人塾

目 的

会員企業の経営者並びに後継者の育成・研鑽•交流の場として、トップとして必要な経営能力や資質の向上を図るとともに、 人的ネットワーク形成の場を提供することを目的に講演会を開催する。

効 果

勉強会を開催し、 今後の経営戦略や経営方針の策定 を支援すると共に名刺・情報交換等を行う事によって、 参加者間のネットワークの拡大に繋がった。

@第1回

と き 5月17日(火)
ところ 尼崎商工会議所5階 501会議室 参加者11人
講演会 「売り手市場における勝ち組 企業の人事労務戦術」
講 師 中薗総合労務事務所 所長特定社会保険労務士 中薗 博章 氏

A第2回

と き 7月19日(火)
ところ 尼崎商工会議所5階 501会議室 参加者15人
講演会 「川下からの六次産業化で目指す 「果物屋」の新しいカタチ」
講 師 (有)千総 代表取締役 西辻 宏道 氏

B第3回

と き 9月20日(木)
ところ 尼崎商工会議所5階 501会議室 参加者10人
講演会 「事業継承後の「第二創業期」を創る」
講 師 ワイエスフィルタージャパン(株 代表取締役 角田 祐介 氏

C第4回

と き 11月15日(火)
ところ 尼崎商工会議所4階 401会議室 参加者9人
講演会 「社内の「女性目線」を活かす 商品開発プロジェクトの進め方」
講 師 女ゴコロマーケティング研究所 代表取締役/所長 木田 理恵 氏

D第5回

と き 2月21日(火)
ところ 尼崎商工会議所4階 401会議室 参加者22人
講演会 「「絶対無理」から年商500億円 顧客視点から新規事業のヒントを伝える」
講 師 (株)アーレア 代表取締役 渡瀬 ひろみ 氏

(6)中小企業都市連絡協議会への参画並びに第10回中小企業都市サミットの開催

目 的

中小製造業が高度に集積する全国7都市(尼崎市、 川口市、東京都墨田区、東京都大田区、岡谷市、加賀市、東大阪市)の自治体並びに商工会議所の首脳が集い、地域産業を活性化するための重要な課題について議論し、その内容を取りまとめたものを宣言するとともに、 国への要望を行う。

効 果

地域産業を活性化するための重要な課題について、解決策を模索すると共に、国等への産業施策への反映を目指す。

@ 「平成28年度総会」

と き 5月26日(木)・27日(金)
ところ 26日(木)尼崎市中小企業センター 4階 401会議室
27日(金)尼崎商工会議所7階 701会議室
議 題 (1)平成27年度事業報告
(2)平成27年度決算報告
(3)平成28年度事業計画及びスケジュール(案)
(4)平成28年度予算(案)
(5)平成28年度会費及び納付方法(案)
(6)「第10回中小企業都市サミット」尼崎宣言(案)について
(7)「第10回中小企業都市サミット」タイムスケジュール
(8)「第10回中小企業都市サミット」分科会の構成
(9)「第10回中小企業都市サミット」各種準備状況
(10)その他討議事項

A 「第1回連絡会議」

と き 7月14日(木)・15日(金)
ところ 尼崎商工会議所7階 701会議室
議 題 (1)「第10回中小企業都市サミット」尼崎宣言(案)
(2)分科会の構成(案)について
(3)「第10回中小企業都市サミット」タイムスケジュール(案)
(4)「第10回中小企業都市サミット」各種準備状況
(5)その他討議事項

B 「第10回中小企業都市サミット」

と き 8月4日(木)・5日(金)
ところ 都ホテルニューアルカイック
メインテーマ 今こそ! 「ひと」が主役でチャレンジする 「ものづくり」
「ものづくりのイノベーション創造」及び「地域の産業活力を高める事業承継」についての議論がなされ、 その結果をとりまとめた「尼崎宣言」が採択された。 宣言文は、 8月10日に中小企業庁の宮本長官へ手交した。

C 「第2回連絡会議」

と き 1月26日(木)・27日(金)
ところ 尼崎商工会議所7階 701会議室
議 題 (1)「第10回中小企業都市サミット」実施報告
(2)「国への提言」に対する中小企業庁からの回答
(3)「第10回中小企業都市サミット」会計報告(暫定版)
(4)「中小企業都市連絡協議会」の今後の方向性について
(5)その他討議事項

事業承継に関する勉強会

講 演 「2代目経営者の事業承継体験談」
講 師 香川会計事務所 所長 香川 晋平 氏
事業承継に関する各都市意見交換

(7)改善推進リーダー育成セミナー

目 的

グローバル化の進展により激化する国際競争、高度化する品質・コスト・納期等の市場要求など、中小製造業を取り巻く経営環境はますます厳しさを増している。こうした戦いに打ち勝つためにも、製造業における利益の源泉である「ものづくり現場力」の強化や日常的な改善活動の展開が求められている。本セミナーでは、講義と演習、他社の事例研究を通じて、生産性向上やコストダウンの具体的な取組み方を学んでいく。

@ 第1回

と き 8月24日(水)
ところ 尼崎商工会議所5階 502会議室
講 師 (株)テクノ経営総合研究所客員コンサルタント 栗岡 正好 氏
参加者 8人

A 第2回

と き 9月16日(金)
視 察 日本エアリネン(株)
講 師 (株)テクノ経営総合研究所客員コンサルタント 栗岡 正好 氏
参加者 18人

B 第3回

と き 10月13日(木)
視 察 (株)澤製作所
講 師 (株)テクノ経営総合研究所客員コンサルタント 中村 裕行 氏
参加者 7人

C 第4回

と き 11月24日(木)
視 察 (株)ニチリン姫路工場
講 師 株)テクノ経営総合研究所客員コンサルタント 栗岡 正好 氏
参加者 8人

D 第5回

と き 1月20日(金)
ところ 尼崎商工会議所5階 502会議室
講 師 (株)テクノ経営総合研究所客員コンサルタント 栗岡 正好 氏
参加者 8人

E 講演会「高収益を生む企業体質の改善」

と き 3月21日(火)
ところ 尼崎商工会議所7階702会議室
講 師 キヤノン電子(株)代表取締役社 長酒 巻久 氏
参加者 13人

(8)中小企業雇用支援亨業

@ 採用担当者向けセミナーの実施

新卒を中心とする若手人材の採用を検討している、もしくは採用活動に課題を抱えている中小企業の経営者・人事・採用担当者を対象として、中小企業の採用活動の課題と対応策について解説した。

と き 平成28年7月27日(水) 13時〜16時
ところ 尼崎商工会議所4階 402会議室
講 師 株式会社マイナビ 企画広報部 キャリアサポート開発課 間瀬 清吾 氏
参加者 13人

A 合同企業 説明会IN尼崎の開催

若年層へ 地元企業の魅力を情報発信し、企業の雇用促進を通して 産業活性を図ることを目的に開催。

と き 平成28年9月7日(水) 13時〜16時
ところ 尼崎商工会議所 7階701会議室、 702会議室
出展企業 25社
来場者数 31人(男性: 20人女性: 11人)

(9)次世代の産業人材育成事業

目 的

わが国において 、少子高齢化によ る若年労働者や技術・技能熟練者の減少は全国的 な問題になり、地域経済を支える事業所にとっても、次世代の産業の担い手を確保することは、これからの経営上の大きな課題の一つになっている。 そこで 、尼崎市・教育委員会・市内事業所等をともに連携しながら、次世代を担う市内小学生等に対し地域内の産業の魅力を知る機会を提供し、将来の職業観や働くことへの関心を持ち、「次世代の産業人材」として活躍できるよう育成する。

ア. 実行委員会の開催

(1)第2回実行委員会

と き 5月19日(木)
ところ 尼崎商工会議所5階 501会議室 参加者23人
議 題 (1)「あまがさき産業フェア2016」の全体概要について
(2)しごと体感ゼミナール2016」の概要について
(3)次世代 産業人材育成基金について
(4)本事業 全般における 提案等

(2)第3回実行委員会

と き 6月22日(水)
ところ 尼崎商工会議所5階 501会議室 参加者20人
議 題 (1)「しごと体感ゼミナール2016」の概要について
(2)平成29年度以降の次世代の産業人材育成事業の取り組みについて

(3)第4回実行委員会

と き 7月22日(金)
ところ 尼崎商工会議所5階 502会議室 参加者20人
議 題 (1)「あまがさき産業フェア2016」の概要について
(2)「しごと体感ゼミナール2016」の概要について
(3)平成29年度以降の次世代の産業人材育成事業の取り組みについて

(4)第5回実行委員会

と き 11月29日(火)
ところ 尼崎商工会議所5階 502会議室 参加者19人
議 題 (1)「しごと体感ゼミナール2016」の結果報告について
(2)企業における教育支援活動等に関するアンケートについて
(3)平成29年度以降の取り組みについて

(5)第6回実行委員会

と き 1月24日(火)
ところ 尼崎商工会議所5階 502会議室 参加者19人
議 題 (1)企業における教育支援活動に関するアンケート結果について
(2)平成29年度事業計画と予算について
(3)意見交換

イ. しごと体感ゼミナールの開催

と き 8月4日(木)・5日(金)
ところ 尼崎中小企業センター 1階大ホール
参加者 591人(4日: 312人、 5日: 279人)
内 容 @参画事業者から、 会社の事業 概要を説明(地域の産業を知る)
A具体的に製品、 サー ビスが提供 さ れるまでの過程を解説(産業の仕組を知る)
B実際に体験できる簡単な作業を用意する( 体験型学習の場)

ウ. 企業における教育支援活動等に関するアンケートの実施

対 象:従業員50人以上、 資本金5,000万円以上の会員事業所 387社
有効回答数: 89社
スケジュール
発送:10月28日(金)〜31日(月)
回収:11月 1 日(火)〜15日(火)
集計:11月16日(水)〜30日(水)最終結果とりまとめ:12月

(10)がんばる小規模事業者等支援事業

 本事業は、 尼崎市内の経営革新計画承認企業について、計画実行状況を確認しフォローすると共に、新たな従業員雇用等の状況を兵庫県に報告する事業。 経営革新承認企業10社に対し延べ 19回の訪問指導を行い、 兵庫県に対し2回ステップアップカルテ( 報告書)を提出した。

7.経営改善普及事業による小規模企業の育成支援

 小規模事業者 の経営の安定と事業の発展を目的に、 相談体制のより 層の充実を図り、 行政及び 関係機関と の連携を密にしながら、 経営指導員による巡回3,156事業所, 窓口1,354事業所へ経営改善普及事業を実施した。

(1)指導員等配置状況

経営指導員15人

経営支援員4人

専門指導員 弁護士2人、 弁理士1人、 税理士1人、 中小企業診断士1人、
行政書士1人、 社会保険労務士1人、 司法書士1人、 記帳指導員1人

(2)商工相談の実施

経営指導員による相談指導

内訳 経営
革新
経営
一般
情報 金融 税務 労働 取引 環境
対策
その他 合計
巡回
(前年)
137
(70)
902
(497)
13
(16)
365
(156)
11
(13)
83
(75)
7
(1)
0
(0)
1,638
(1,236)
3,156
(2,084)
窓口
(前年)
107
(49)
345
(134)
7
(10)
135
(86)
10
(9)
23
(10)
22
(15)
1
(1)
704
(747)
1,354
(1,061)

(3)専門指導員による相談指導  114件

(4)マル経融資

毎月2回の審査会を開催し、融資申し込みの適確審査を行った。

単位(千円)
鞄本政策金融
公庫尼崎支店
推薦件数 貸付件数 推薦金額 貸付金額
マル経
(前年)
95
(83)
95
(83)
656,100
(591,500)
656,100
(591,500)
95 95 656,100 656,100
推薦金額内訳〔運転〕515,900 〔設備〕140,200

(5)記帳継続指導(1グループ)

記帳指導員数 1人
同上指導延べ回数 76回
. 指導対象者事業所数 19事業所

(6)小規模企業共済制度加入促進及び事務代行

平成28年度新規加入・増額件数 53件  在籍件数 843件

(7)中小企業倒産防止共済制度加入促進及び事務代行

平成28年度加入・増額件数 21件  貸付件数 12件
在籍件数 193件

8.会員サービス事業の推進

(1)共済制度事業の推進

 会員事業所の従業員が安心して働ける環境と経営の安定を確立するために、生命共済“絆”及び特定退職金共済制度を推進した。また、共済制度加入者への還元事業として、 割安な参加費で楽しめるイベントを実施した。

【還元事業】@ 「2016夏の総仕上げにビアガーデン」

と き 8月3日(水)・8月24日(水)
ところ 都ホテルニューアルカイック 屋内ビアガーデン会場
参加者 両日総計 325人

「秋をたっぷり満喫!!京都紅葉の旅〜練りきり作り体験付き〜」

と き 11月16日(水)
ところ 京都方面(下賀茂神社、 しょうざんリゾート等)
参加者 55人

(2)「会員交流大会」の開催

 会員事業所間の交流とネットワーク拡大の場を提供し、情報交換や人脈拡大に繋げていただくために開催。併せて、最近の地域経済情勢等についての講演会を開催し、タイムリーな話題を提供した。

と き 9月7日(水)
ところ 都ホテルニューアルカイック3階 鳳凰の間
第1部 講演 「お好み焼日本一の感動経営」 〜「成功者」より「成長者」であれ! 〜
講師  千房株式会社 代表取締役 中井 政嗣 氏
第2部 交流パーティー  参加者 190人

(3)「活用ミーティング」の開催

 入会3年未満の会員の皆様などを対象に、 尼崎商工会議所のサービスの紹介や活用法についてPR。その後の懇親会では相互の交流を図っていただいた。

と き 3月23日(木)
ところ 尼崎商工会議所 601会議室、702会議室
第1部 講 演 敏腕レストランプロデューサーがあなたに贈る
    「必ず業績アップにつながる『人脈の作り方と生かし方』」
講師 「赤坂璃宮」取締役営業本部長
    (有)カメリアエンタープライズ代表取締役 佐野 由美子 氏
事例発表 「会員事業者からの事例発表」商工会議所の活用の仕方!!
発表者 (株)米谷 常務取締役 松尾 修三 氏
第2部 交流パーティー 参加者 63人

9.実施事業

(1)尼食倶楽部プロジェクト

ア.尼藷の特産品開発協議会への参画

@総会

と き 7月6日(水)
ところ 尼崎商工会議所2階 会頭室 出席者7人
議 題 (1)平成27年度事業報告について
(2)平成27年度収支決算について
(3)平成28年度事業計画(案)について
(4)平成28年度収支予算(案)について

A第1回協議会

と き 9月6日(火)
ところ 尼崎商工会議所2階 会頭室 出席者9人
議 題 (1)尼崎市市制100周年記念給食について
(2)収穫日程について
(3)イベント出店について
(4)その他

B第2回協議会

と き 2月2日(木)
ところ 尼崎商工会議所2階 会頭室 出席者8人
議 題 (1)販売状況中間報告
(2)販促物の完成報告
(3)来年度事業計画(案)について
(4)その他

イ.チーム・尼崎あんかけチャンポン

@総会

と き 4月15日(金)
ところ 尼崎商工会議所5階 502会議室 出席者16人
議 題 (1)平成27年度事業報告及び決算報告
(2)平成28年度事業計画(案)及び予算(案)について

A第1回定例会

と き 5月20日(金)
ところ 尼崎商工会議所4階 401会議室 出席者18人
議 題 (1)店舗紹介パンフレットの作成について
(2)ワールドちゃんぽんクラシック2016in尼崎について
(3)持帰り用尼崎あんかけチャンポン(冷凍)について

B第2回定例会

と き 7月4日(月)
ところ 尼崎商工会議所4階 402会議室 出席者17人
議 題 (1)ワールドちゃんぽんクラシック2016in尼崎について
(2)店舗紹介パンフレットの作成について
(3)持帰り用尼崎あんかけチャンポン(冷凍)について

C第3回定例会

と き 9月12日(月)
ところ 尼崎商工会議所4階 401会議室 出席者16人
議 題 (1)ワールドちゃんぽんクラシック2016in尼崎について
(2)店舗紹介パンフレットの作成について

D第4回定例会

と き 10月17日(月)
ところ 尼崎商工会議所5階 501会議室 出席者15人
議 題 (1)セブンイレブン版尼崎あんかけチャンポンについて
(2)ワールドちゃんぽんクラシック2016in尼崎について

E第5回定例会

と き 11月7日(月)
ところ 尼崎商工会議所4階 401会議室 出席者20人
議 題 (1)ワールドちゃんぽんクラシック2016in尼崎について
(2)店舗紹介パンフレットの作成について

F第6回定例会

と き 12月1日(木)
ところ 尼崎商工会議所4階 401会議室 13人
議 題 (1)チーム・尼崎あんかけチャンポン事業内容説明
(2)講話 ( 講師:観光まちづくりカウンセラー 今村 まゆみ 氏)

G第7回定例会

と き 2月13日(月)
ところ 尼崎商工会議所4階 402会議室 12人
議 題 (1)ワールドちゃんぽんクラシック2016in尼崎について
(2)尼崎商工会議所青年部「尼崎あんかけチャンポンPRキャラバン隊」事業報告
(3)今後の活動方針について

H第8回定例会

と き 3月13日(月)
ところ 尼崎商工会議所4階 401会議室 16人
議 題 (1)ワールドちゃんぽんクラシック2016in尼崎 全体決算報告について
(2)平成29・30年度役員人事について
(3)年会費について
(4)ワ ールドちゃんぽんクラシック2017in久留米への出展について

(2)ワールドちゃんぽんクラシック2016in尼崎

目 的 尼崎市市制100周年という大きな節目を迎えるにあたり、「尼崎あんかけチャンポン」を全国と世界に発信するため、チャンポンの全国的なイベントである同イベントを尼崎で開催した。
と き 11月19日(土)、 20日(日 )
ところ ボートース尼崎
来場者 約1万人 (19日: 3千人、 20日:7千人 )
議 題 @ちゃんぽん団体(12団体、 4事業者)
A物販ブース出店者(10ブース)

10.組織強化

(1)会員拡大

 事務局に会員拡大 ・地域巡回担当部長を置き、 会員拡大に取り組んだ。 議員企業や異業種団体の皆様にも新規会員候補企業のご紹介や情報提供をお願いし、 組織体となって取り組んだ結果、 3月末日時点で、新規入会:279事業所、 退会:271事業所となり、期首:4,688会員に対し 、期末:4,696会員となった。 引き続き次年度においても 、組織体となった取組みを行う。

■29年3月末日現在:4,696会員
(期首:4,688会員  入会:279事業所  退会:271事業所)

【退会会員271事業所の主な退会理由】 ※内訳〔複数回答〕
  破産・倒産・廃業・閉鎖・休業・合併・統廃等(143件)、
  市外転出(24件)、業績低下・経費削減、 規模縮小(34件)、
  転居先不明(6件)、 商工会議所を利用する ことが ない等(95件)

(2)会員等巡回 (退会防止)

会員及び非会員事業所のニーズの把握、商工会議所事業の周知や小規模企業施策普及等を主眼として 、職員による事業所への巡回を行った。
職員の地区毎の担当制を導入し、伴走型の経営支援に注力する と共に、職員が会員事業所とのコミュニケーションを図る中で、退会防止にも取り組んだ。

■4月1日〜3月31日   巡回件数:5,718件  巡回事業所数:2,240 事業所

U 事業実績の概要(平成29年3月31日現在)

( )内は前年度同期実績

  • 1.会員数 4,696会員   特定商工業者数 3,184事業所
    部会数 8部会(商業、運輸物流、金属工業、機械・電気工業、化学工業、
    建設・不動産、理財、情報・文化・サービス業)
    職員数 26人
  • 2.議員総会、 議員懇談会、 常議員会、 総務委員会、 正副会頭会議、 正副会頭と部会長との懇談会、 委員会等の開催  32回
  • 3.懇談会、 協議会、 研究会、 その他会議の開催  15回
  • 4.講座講習会、 研修会、 説明会、 見学会等の開催  19回
  • 5.後援、協賛事業等              34件
  • 6.珠算、簿記、販売士、日商PC(文書作成・データ活用・プレゼン資料作成)、
    ビジネス英語、福祉住環境コーディネーター、ビジネス実務法務検定の実施
    @ 珠算検定 受験者数合計 1,329人(1,314)
    〔1級〕336人(357)、〔2級〕388人(379)、〔3級〕605人(578)
    A 簿記検定 受験者数合計1,706人(1,591)
    〔1級〕58人(66)、〔2級〕522人(583)、〔3級〕1,126人(942)
    B リテールマーケティング(販売士)検定  受験者数合計98人(102人)
    〔1級〕9人(13)〔2級〕44人(41)〔3級〕45人(48)
    C 日商ネット検定 受験者数合計 241人(239)  
    D ビジネス実務法務検定 受験者数合計199人(187)
    [1級]8人(5)〔2級〕91人(101)、〔3級〕100人(81)
    E 福祉住環境コーディネーター検定 受験者数合計109人(108)
    [1級]0人(2)〔2級〕84人(82)、〔3級〕25人(24)
    F 環境社会(ECO)検定 受験者数87人(95)
  • 7.各種証明書発行数(貿易証明ほか)1,019件(1,062)
  • 8.珠算競技大会の開催 2回(2) 参加人員 182人(210)
  • 9.共済制度の加入状況
    【特定退職金共済】 389事業所(399)  2,295人(2,253)
                  18,725口(19,155)
    【生命共済】   607事業所(602) 1,673人(1,703) 
               7,467口(7,570) 
    保険金額3,598,500千円(3,648,500)

    【大型保障等】
    ・新共済(総合月払い・総合年払い・定期集団) 622人(594)
      保険金額3,738,347千円(3,565,880)
    ・旧共済(損保セット・個人年金・終身保障・アクセス・個人扱) 258人(276) 
    保険金額1,235,139千円(1,314,829)
    【がん保険共済】  895人(911)
    【中小企業PL保険(海外PL含)】  139事業所 (152)
    【休業補償プラン】      59事業所 (73) 
    【個人情報漏えい賠償責任保険】 3事業所 (3)
    【業務災害補償プラン】   206事業所 (181)
    【日商ビジネス総合保険】 33事業所 (新規)
    【自動車事故費用共済】    259台 (280)
    【自動車共済】        144台 (151)
    【火災共済】          69件 (66)
  • 10.受託事業の実施
    労働保険事務代行  287事業所(274)
    期首事業所274  増加25  減少12  期末事業所数287
    汚染負荷量賦課金徴収業務  対象事業所数 64事業所 
    徴収業務委託費 1,257,984円
    GS1事業者コード(JAN企業コード)登録受付業務 申告受付件数 29件
  • 11.駐車場利用状況 月極契約台数 30台 一時貸利用台数 14,431台(内部会合等出席利用分含)
  • 12.貸室の使用状況  1,284回(本所使用分を含む)
  • 13.調査研究
    @ LOBO調査(早期景気観測 毎月実施)
    A尼崎主要経済指標(毎月末日の定期集計)
    推計人口、 兵庫県信用保証協会保証状況、 有効求人倍率、 市内主要駅乗降客数等
  • 14.刊行物
    定期刊行
    商工会議所報「あくしい」 4〜3月 55,000部
    市民向け広報誌「あまがさきタイムズ第15号」 6月30日発行 5万部
    市民向け広報誌「あまがさきタイムズ年末年始号」 10月31日発行 2万部
    市民向け広報誌「あまがさきタイムズ第16号」 2月28日発行 5万部
    「データで見る尼崎の経済2017」 年1回発行 2千部
    不定期刊行
    小規模事業施策普及パンフレット等
  • 以上

このページの一番上へ