会員サービスグループ 
職員紹介

職員紹介メインイメージ

事業所の課題を把握し
どういった新しい提案ができるかなど、
時には難しくも感じますが、 共に取り組んでいくことで
得られる達成感が確かにあります。

産業部 会員サービスグループ
1994年度入所
Q1尼崎商工会議所を選んだ理由は?
私が大学在学中、当時、いわゆる「バブル景気」が崩壊した後で、景気が下降していく段階でした。 そういった経済環境の下、就職活動に専念していく中で、当時、大阪市内でアルバイトをしていたところ、偶然、大阪商工会議所という存在を知りました。特に、当時は、経済団体といったところには全くかかわりがなく、どういった存在なのかも分かりませんでしたが、これを契機に、商工会議所の活動が地域の活性化や行政との連携、簿記等の検定等各種知識習得の支援業務など多岐に渡ることを知りました。そこから興味をもち、自分も、日本を支えている中小事業所、地域の事業者の方とかかわっていく仕事がしたいと思い、本会議所に応募しました。
Q2現在担当している業務は?
会員企業の経営者・役員・従業員の「もしも」、「まさか」に備えるため各種共済制度や珠算検定試験等をはじめとする各種検定試験の運営、実施、会員同士が相互に交流できるような会員交流イベントの企画・実施をしています。
Q3仕事のやりがいを教えてください。
商工会議所は利潤を第一に追求する民間の事業所と違い、地域の商工業者の利益につながるよう地域の意見をとりまとめて国等へ意見を申していくことや地域経済社会の振興・発展が主なテーマです。そのため、新入社員時代から経営者の方と接する機会が多く、そこから学ぶことが多々あります。一方で、国等の支援制度、各種税制制度等について聞かれることも多いことや事業所の課題を把握しどういった新しい提案ができるかなど、時には難しくも感じますが、共に取り組んでいくことで得られる達成感が確かにあります。さらに、商工会議所の業務内容は多岐にわたるため、いろいろな経験もでき、それは今後の人生の糧に繋がっていくものだと実感しています。
Q4就職活動中の方へのメッセージ。
これから自分の人生の大きな選択をしていくことに、不安や戸惑いを感じている方もいらっしゃると思います。特に、ここ最近のコロナ禍の中、社会環境が変わってしまい、自分が想定する未来が中々見い出せないで焦ってしまうこともあるかもしれません。  しかし、未来の自分の理想像に向かっていくためには、自分自身がどう考え、どうしてい きたいのか、選択して解決していくしかありません。焦る必要はありません。一ステップず つ歩みを始め、常に挑戦精神を持ち続けてみなさんの思いを実現していってください。 就職活動を通してみなさんが大きく成長することを祈念しています。

ANNUAL SCHEDULE年間のスケジュール

4~6
  • 各種検定試験の準備・実施
  • 各種共済制度のPR・事務処理
  • 共済制度キャンペーン実施
7~9
  • 各種検定試験の準備・実施
  • 各種共済制度のPR・事務処理
  • 会員交流イベント
10~12
  • 各種検定試験の準備・実施
  • 各種共済制度のPR・事務処理
  • 共済制度キャンペーン実施
1~3
  • 各種検定試験の準備・実施
  • 各種共済制度のPR・事務処理
  • 共済制度キャンペーン実施
  • 商工会議所活用ミーティング

ONE DAY SCHEDULEある一日のスケジュール

8:00
8時前に出勤。当日の会館管理データとスケジュールを確認。
9:00
グループ会議で報告・連絡事項の共有。
10:00
各種検定、共済制度の事務処理
11:00
12:00
昼休憩。事業所訪問の資料準備
13:00
会員事業所へ訪問。生命共済について説明し加入手続きを行う。合わせて経営状況のヒアリングも行う。
14:00
15:00
16:00
各種共済検定試験のデータ整理
17:00
18:00
貸会議室の申し込み状況を確認。
19:00
退勤

OTHER PEOPLE 他の職員を見る