起創会10月勉強会(元国税局査察官税理士による~リアル税務調査アルアル~)

元国税局査察官税理士による ~リアル税務調査アルアル~

講習会

 「税務署が調査に来たぁ―!」「えらい追徴税金取られた―!」という会社オーナーや個 人事業主の話を聞いた方は少なくないと思います。起創会メンバーの方々も決算書の読み取 り方などを学びながら、日々、それぞれの事業等発展のために努力されていることと思いま す。「事業が軌道に乗ってきて利益もそこそこ出るようになってきた」と思ったら、税務署 が調べにきて、なんやかんや言われて修正申告し、追徴税金や加算税や延滞税なごが生じま す。「きちんとした対応ができず、莫大な追徴課税が課せられた‥」なんてことに・・・。元 税務職員で、国税局や税務署で税務調査に 20 年以上携わっていた税理士である講師が、基本 的な税務調査の目の付け所等のアルアルをお伝えします。
 受講者の皆さまの事業活動の一助になるであろう内容となっております。

募集要項

開催日 2019年1016日(水)
時間 18:30~20:30
20:30~21:00(ミニ懇親会※参加無料)
会場 尼崎商工会議所
〒660-0881 尼崎市昭和通3-96 4階401会議室MAP
内容

税務調査とは

・税務調査は何のために行うの?

・節税と脱税の違いは?

・大口脱税事案の具体例(手口と隠し方)?

・自分のところに税務署が来たらどうするの?

講師

齋藤税理士事務所
税理士齋藤 悟

講師プロフィール:
 高校卒業後、税務大学校大阪研修所を経て19歳で枚方税務署に配属。その後、大阪府・京都府・滋賀県・和歌山県の税務署を転々と渡り歩くとともに、途中、大阪国税局資料調査課や査察部、また預金保険機構への出向等を経るなど、主に個人事業者を中心とした税務調査に従事した。国税局の係長や税務相談室、税務署の統括官(課長)ポストを除けば、ほとんどが税務調査関係の仕事に携わっていた。平成28年7月国税局を退職、平成29年9月独立開業。
特に記憶に残る案件としては、査察事案(脱税摘発)、預金保険機構での暴力団事務所の強制執行事案などがある。

受講料 起創会会員 無料
起創会非会員 2,000 円 / (起創会員紹介の場合、初回参加は無料)
申し込み締切 10/15(火)
主催 尼崎商工会議所 起創会
お問い合わせ 尼崎商工会議所 産業部 経営支援グループ 砂金(すなご) 〒660-0881 尼崎市昭和通3-96
06-6411-2254 06-6413-1156

Applicationお申し込み

申込フォーム、又はFAXよりお申込み下さい。
後日、FAXまたはメールにて受付確認のお知らせを送らさせていただきます。

ホームぺージからお申し込み

こちらから、お申込みができます。
ぜひご利用下さい。

参加申し込みフォームへ

FAXで申し込む

申込書に所定事項を明記の上、
FAXにてお申し込み下さい。06-6413-1156

申込書ダウンロード(249KB)