落語家 露の団姫(つゆのまるこ) 一隅を照らす~自分の持ち場で一所懸命~

サムライ研究会新年公開例会

平素は本研究会の運営につき格別のご高配を賜り、厚く御礼申し上げます。
 さて、新春公開例会では、落語家でもあり、僧侶でもある露の団姫(つゆのまるこ)氏をお迎えいたしまして、落語、講演会を開催いたします。
 また、公開例会終了後は露の団姫(つゆのまるこ)氏を交え、懇親会を開催予定です。

開催要項

日程 2020122日(水)
時間 18:30~(公開例会)
20:10~(懇親会・同会場内で開催)
内容 前半:落語 落語家 露の団姫(つゆのまるこ)氏
後半:講演 『一隅を照らす~自分の持ち場で一所懸命~』
講師
露の団姫(つゆのまるこ)氏

落語家・僧侶
露の団姫(つゆのまるこ)

 上方落語協会所属の落語家。
 兵庫県尼崎市在住。高座の他にもテレビ・ラジオで活動中。
 小さい頃からの「死」に対する恐怖をきっかけに仏教を学びはじめ、高校在学中に人生指針となる法華経に出会う。落語家になるか尼さんになるか悩む中、落語の創始者、初代・露(つゆ)の五郎(ごろ)兵衛(べえ)が僧侶であり、説法をおもしろおかしく話したことが落語の起源と知る。高校卒業を機に初代・露の五郎兵衛の流れを組む露の団四郎(だんしろう)へ入門。3年間の内弟子修行を経て、主に古典落語・自作の仏教落語に取り組んでいる。2011年、天台宗で得度。2012年、比叡山行院(ぎょういん)で四度加行(しどけぎょう)を受け正式な天台僧となる。年間250席以上の高座と仏教のPRを両立し全国を奔走する異色の落語家。好きな言葉は「一隅を照らす」(伝教大師・最澄上人)。

場所 尼崎商工会議所 701会議室(尼崎市昭和通 3-96) MAP
定員 80名(定員に達し次第、〆切)
参加費 無料 ※懇親会に参加される方は別途2,000円程度必要となります。
申込締切 1月16日(木)
お問い合わせ 尼崎商工会議所 産業部 経営支援グループ 小谷 〒660-0881 尼崎市昭和通3-96
06-6411-2254 06-6413-1156

Applicationお申し込み

申込フォーム、又はFAXよりお申込み下さい。
後日、FAXまたはメールにて受付確認のお知らせを送らさせていただきます。

ホームぺージからお申し込み

こちらから、お申込みができます。
ぜひご利用下さい。

参加申し込みフォームへ

FAXで申し込む

申込書に所定事項を明記の上、
FAXにてお申し込み下さい。06-6413-1156

申込書ダウンロード(466KB)