トピックス
トップページトピックス一覧 > 宝塚大学と連携協定を締結

宝塚大学と連携協定を締結
 本会議所と宝塚大学(西村武学長)は、平成22年11月1日(月)に連携協定を締結した。
 本会議所では、地域活性化や企業支援にあたっては会議所単体だけで推し進めるのではなく、多様な強みや価値を持つ機関と連携することで、ブランドメッセージに掲げる「企業と人が活きづく街は、美しい」の実現に向け成果を2倍にも3倍にも大きくしたい所存だ。
 宝塚大学は、平成22年4月に宝塚造形芸術大学から名称変更。これまで培ってきたアートやデザインの分野に加え、看護学部を新設し、「感性とわざを育てる・鍛える・活かす」をコンセプトとして社会に貢献できる人材育成に力を注がれている。
 連携にあたっては、アートを活用した地域活性化イベントや、芸術・看護に関するシンポジウムの開催、宝塚大学学生による尼崎市内事業所へのインターンシップ就業体験などを予定している。
 本会議所は、今後も他の教育機関等との連携を積極的に進め、地域社会と会員事業所の発展に寄与していきたい。
トピックス


このページの一番上へ