トピックス
トップページトピックス一覧 > 100周年PRポスターデザインコンペを実施

100周年PRポスターデザインコンペを実施
 本会議所は連携協定を締結している宝塚大学の造形芸術学部生を対象に、100周年をPRするためのポスターデザインを募集。
 26人から48作品が集まり、吉田修会頭をはじめとする正副会頭らによる審査のもと、木村亮さんの作品を最優秀賞として選定し、6月14日に開催した議員総会の席上で表彰式を行った。
 当日は、受賞者の木村亮さんと指導者の植松陽一講師に出席いただき、吉田会頭から表彰状と賞金が手渡された。
 グラフィックデザイナーを目指しているという木村さんは、「100周年をお祝いする雰囲気を出すために、尼崎の名産である菰樽を使って鏡開きを描きました。市の木であるハナミズキの花のイラストを散りばめ、会議所ビル・商いをする人・企業と工場の写真を配置して、これらが菰樽から飛び出してくるイメージにしました」と語ってくれた。
 木村さんの作品は、ポスターとして印刷し、商工会議所に貼りだすともに、ポスター掲示にご協力いただける会員事業所などに配布している。
100周年PRポスターデザインコンペを実施
100周年PRポスターデザインコンペを実施


このページの一番上へ