福利厚生
トップページ福利厚生 > 労働保険事務組合

労働保険事務組合

経験豊富なスタッフがあなたの会社のチカラになります!


労働保険とは?
 労働保険とは、労働者災害補償保険(一般に「労災保険」といいます。)と雇用保険をまとめた総称であり、業務上災害と通勤途上災害による傷病等に対する補償(労災保険)や、失業した場合の給付(雇用保険)等を行う制度です。
 労働保険は、法人・個人を問わず労働者を一人でも雇っている事業主は、必ず加入することが法律で義務付けられています。
 ※この「労働者」とはパート、アルバイトを含みます。
労働保険事務組合について
 尼崎商工会議所では、事業主の委託を受けて、事業主が行うべき労働保険の事務を処理することについて、厚生労働大臣の認可を受けた労働保険事務組合を設置しております。
 労働保険事務組合では、労働保険についての申請、届出、報告に関する事務、雇用保険の被保険者資格得喪事務、離職証明書など雇用保険事務を事業主に代わって処理しますので、事務の手間が省けます。
事業主メリットについて
  1. 原則として労災保険に加入できない事業主(役員含む)及びその家族従業員等も、本事務組合を通じて、特別に加入することができます。(一人親方除く)
  2. 保険料の額に関係なく3回に分けて納付することができます。
  3. 事務量が大きく軽減されます。
  4. (継続事業の場合)尼崎本社において他支店・他事業所分を含めて一括して労務管理ができます。(法律上当然ではないため厚生労働大臣の許可申請を行います。)
委託できる事業主
尼崎商工会議所の会員事業所であって、常時使用する労働者が、
金融・保険・不動産・小売業50人
卸売の事業・サービス業100人
その他の事業300人
以下の事業主に限られます。
事務手数料について

従業員規模によって異なりますので、詳しくは、労働保険事務組合担当までお問い合わせください。

見積申込書記入フォーム
労働保険料見積申込へ

お問い合せ先
産業部 経営支援グループ
TEL: 06-6411-2254

このページの一番上へ